« | トップページ | »

ゆめ を みて けつい する

車の運転をしている夢を見た。

交差点で間違った車線に入ってしまい難儀するのだが、スリルはあった。

実際にはもう10年くらい運転なんてしていないけれど。夢の中でも誰かにそう告白していた。

一緒に車に乗っている知り合い(女の人。でも目覚めてみると顔が思い出せない)が悪質な通販業者にはまっていることが話していて分かり、それをやめさせようと、説得していた。

それから、家に帰る。といっても実際の私の部屋ではない。ベージュの絨毯で覆われた地下室のような場所。上に上ってゆくと母親に「お前はゆうべも泣いたそうだね。全然知らなかったよ」と声を掛けられた。罪の意識を感じて「そんなことはない」と私は答えた。

そして部屋に帰って少し涙ぐんだ。

夢の中でごめんなさい。といろんな人に謝っていた。知っている人にも知らない人にも。人が私が心に抱いている決意と深い絶望を知っている気がして、申し訳なく思った。

目覚めると、実際に決心がついていた。二つ。

一つは夢の中でぼんやり思い続けていたこと。もう一つは、おとといくらいから考えていたこと。

かたほうの決心を人にメールで知らせると仕事を始めた。

作業で足りないものがいくつかあったので、買い物へ。

電車を乗り降りしていて何度か危ない瞬間があった。

重い荷物が重いと感じられないほど、感覚が麻痺している。

夕方、いちにち食べるのを忘れていたのに気付いてトーストと蜜柑を食べた。ひとくちひとくち飲み込むのにだいぶ時間が掛かった。

仕事や作業は簡単なのに生きるのはむつかしい。とてもむつかしい。

|

« | トップページ | »