« あんち れんあいしじょうしゅぎ  | トップページ | だいほん の ごほうび »

わたし ひゃくぱーせんと

昼はWS公演、夜は本公演の通し稽古。

稽古の休憩時間に、一度帰宅して

小さな同居人を風呂に入れた。

同居人は、10歩くらいなら歩けるようになった。

ここ一週間で急速に進化している。

わざと私の顔を見ながら食べ物を投げ捨てたり、

壁に頭をぶつけてみせたりする。

私が「ダメ」というと何故あんなに嬉しそうな顔をするのか?

ダメっていう時は、真正面から向き合うから?

それがダメというメッセージであっても、

正面から自分だけに集中してもらえるのが、嬉しいのだろうか。

小さな同居人はいつも100%の私を欲しがっている。

もっと一緒にいられるようにします。

そのためにも、

今頑張らなくては。

|

« あんち れんあいしじょうしゅぎ  | トップページ | だいほん の ごほうび »