« からす を みはる | トップページ | かなしい きぶん »

うさぎ と うさぎもどき

末日ということで、レシートをジャンル別に合計してみた。

すごく久しぶりだ。

ショックなことに、去年の3月にくらべて、食費が二倍弱になっていた。

何故?外食はほとんどしていない。

というか、外食している月のほうが、食費少なく済んでる!

最近、頑張って食材買い込み過ぎ?

それともお菓子とかパンの買い過ぎ?

お供え餅とか買ったせいかと思ってみたが、それだって3千円くらい。

日々、豪華食材(あくまでも私にとっての……イチゴとか、冷凍じゃないお魚とか、ブランド地鶏とか……)をちょっとずつ購入した結果、

こんなふうになった。

よし2月は頑張って、いや頑張らないで、料理しよう。

それと、お菓子とパンの買い食いはなるべくしないようにする。(うう。私ってガキみたい)

主婦の方たちが、スーパーのチラシを見比べ、歩き回って買物をする意味が、やっと実感できた。

食費って気を抜くと、際限なく増えるなあ。

今日は午後、『ノルウェーの森』を観た。

古い古い友人が誘ってくれたのだ。

あの特殊な雰囲気を持つ小説をどうやって台本化するのか、とても興味があった。

出てくる女の人がみんな揃って甘い声をしていて、

それが気になった。

あと、原作にあるようなユーモアがほとんど感じられなかった。

これは、監督さんの好みの問題なのだろうな。

「僕」がとても自分勝手な男に見えた。

まあ原作でも多少はそのきらいはあるけれど、映画では際立っている感があった。

園に迎えに行くと、小さな同居人は、私を無視してひたすら遊んでいる。

着替えをしまっておく引き出しを整理していると、クラスメートの女の子が手伝って?くれた。

すると小さな同居人はヤキモチを焼いたのか、割り込んできて、私を呼び、そして女の子を勝気な視線で見つめた。

最初っから抱きついてくれればいいのになあ。

帰り道はバギーに乗らないと言うから、手をつないで歩いた。

夜道でウサギに遭遇。

紐につながれているが、自由に跳ね回っている。

小さな同居人は、頭の上に両手をかかげ、ウサギのまねをしてみせる。

自分こそウサギだぞ、という主張なのか?

ウサギは、疑り深いまなざしで、こっちを見ている。

撫でるとほわほわとした感触の中にぬくもりがあった。

可愛いなあ。

楽しく遊ばせてもらっていると、どこからか、お散歩犬も現れた。

この犬は朝、通園する時に遭遇する顔見知りである。

犬とウサギもお互いを知っているらしく、無言で目線を交わしあっている。

小さな同居人が犬を真剣に観察しているすきに、

バギーに乗せてしまった。

家まではまだまだ遠いのだ。

足を毛布でくるんで、頭にフードをかぶせたら出発進行。

アイアイを歌いながら、夜道をどんどん進んでいった。

|

« からす を みはる | トップページ | かなしい きぶん »