« するのも されるのも | トップページ | »

それだけは したくない

引き受けたゲームの台本、冷静に構成を確認したら、

結構な量だということが判明。

誤算。

不安で落ち着かなくなる。

でも考えてみると、妊娠初期の頃、ひと月でその2倍以上の量を書いたことがあるのだから、たいしたことないか。

気分を安定させて臨めば、大丈夫、と言い聞かせてみる。

それにしても何で

ちゃんと確認しないで引き受けてしまうのか。

最近、家主から私の仕事が「不労所得」だと言われ

暗い気分になる。

台本を書くなどという作業は

仕事に見えないということらしい。

やはりここから出て行かなければと思う。

小さな同居人は、自立、独立を誇りに思う、そういう人間と一緒にいなければ。

そうでないと、私と同じような偏屈な人間になってしまう。

まっすぐに育って欲しい。

私は独立を渇望しているが、

それは、反面教師として、得たものだ。

小さい頃、「女は旦那さんに食べさせてもらって」という言葉を繰りかえし聞き、

女であることをどれだけ呪ったか分からない。

別に専業主婦がいけないとは今も昔もまったく思っていない。

でも食べさせて「もらって」に含まれる意味に引っかかりを感じ続けていた。

少なくとも、その意味あいにおいて言うなら、

幼い子どもに押し付けるようなことじゃないだろう。

主婦の労働の価値を教えられる前に、無力感ばかりを植え付けられているよう感じ、

重たくて仕方がなかった。

本当は、自然なかたちで、

自らの足で立つことの素晴らしさを感じたいのに。

自分で人生を切り開く生き方を評価しない人もいる。

それは分かるんだけど。

自己愛の強い人間は、自分を正当化するための真理を編み出して、子どもに伝える。

そして、自分とそっくりな人間を再生産しようとする。

私は、それだけはしたくない。

|

« するのも されるのも | トップページ | »