« ほのかな ねつ | トップページ | ゆび を きる »

あまく するどい いたみ

ここ二ヶ月ほど、小さな同居人が一番好きな遊びは、

「ねかしつけごっこ」である。

自分が眠たくなってくると

何故かベッドや床にぬいぐるみを並べて、ハンカチや毛布を掛ける。

そして、思い切り手を振りかぶってトントン叩く。

小さな同居人自体は、トントンではほとんど寝ない。

試してみたことはあるが、私のトントンは、効果がない。

分かりやすいような分かりやすくないような。

なんで自分が眠たいくせに、ぬいぐるみを寝かしつけようとするんだろう。

と思っていたら、最近自分も寝転んでトントンしている。

トントンされて眠りたいのか、と思ってしてあげると、飛び起きる。

「おっと、うっかり寝るところだったぜ」という感じ。

真夜中、私がもうすでに眠っているのに、突然起き出して、トントンしてくる時がある。

テニスのサーブみたいに腕の振りかぶりが大きいから、かなり痛い。

寝かしつけの歌も歌う。

メロディーから察するに「江戸の子守り歌」。

ただ、原曲とは違って、長調っぽく聞こえるので、アレンジを加えてあるのか?

週末来ていた母が、小さな同居人に「再会ごっこ」を教えたら、

すごく気に入って一日のうち、何度もやるようになった。

【再会ごっこの概要】

まず二人組みになり、互いに少し離れたところに立つ。

「××ちゃん、逢いたかったよ」

「ママ」

と叫びあったのち、走り寄って抱き合い、感涙にむせぶ。

小さい頃、蜜蜂ハッチの冒険の母子再会のシーンを、母にやらされた覚えがある。

もちろん私がハッチ役で、母がハッチのママという配役。

何故、母は私に「母を探して三千里」とか、ハッチとか、マーヤとか

母を探す物語ばかり繰りかえし読んで聞かせたのだろう?

私が母を描いた物語を長い間書き続けているのは、

その影響を強く受けているものと思われる。

小さな同居人は、私とではなくて、母と再会ごっこをやりたがる。

私が複雑な思いを抱いていると感じたのか。

私だって再会ごっこは好きだ。

でも、ほぼ毎日、私は夕方、園で感動の再会をしているからなあ。

迎えにゆくとたいてい、小さな同居人は、抱きついてはこない。

泣きそうになりながら、さりげなく振舞って、私から抱きつかれるのを待っている。

私もさりげなく近付いて抱きしめる。

すると首すじのところに小さく噛みついてくる。

甘く、鋭い痛み。

その注射を受けると、私の心は仕事を忘れ、小さな同居人だけのものになる。

|

« ほのかな ねつ | トップページ | ゆび を きる »