« | トップページ | きょうぼう な けもの を かう »

あたらしい じぶん

昨日の午後、本公演の台本のラストを書き終わった。

稽古場で、「脱稿おめでとう」と言われ何故か「脱肛」を想像、勝手に複雑な気分になる。

考えてみれば脱稿という言葉、自分で使ったことが一度もないな。

たぶんこれからも使わないかも。

脱稿→脱皮?

原稿を最後まで書くってことは。

新しい自分になるっていうこと?

私としては、原稿のほうに魂が宿ってる感じなので、

自分が抜け殻みたい。

でも自分のほうも急速に充電、復旧させなくちゃねえ。

と思ったら何故か涙が出てきた。

昨日、小さな同居人と一緒に歌のDVDを観ていたら、自分とあまり変わらない年齢の子を指さして「赤ちゃん」と言う。

その顔が優越感に満ちていたので、笑いをこらえるのにこちらは必死だった。

自分は赤ちゃんでないという意識を、はっきりと持っているようだ。

最近、こちらが訊いていないうちから、「赤ちゃんない、おねえさん」(私は赤ちゃんじゃないの。お姉さんだから)と主張してくる。

それなのにまだ乳離れできない。

「おねえさんは、ぱいぱいのまないよ」と言うと、グズって泣き出すが、

時々、少し飲んでから

「ぱいぱいはおしまい。おねえさんはのまない」と言って、離れていくこともある。

|

« | トップページ | きょうぼう な けもの を かう »