« おちついて ちゃくちゃく | トップページ | いちにち いっしょ »

おうじ の ひつようせい

小さな同居人の世話と料理と洗濯と稽古の前後に、

仕事の台本をたぶん12,000字くらい書いたと思う。

本当に疲れた。

舞台の演出のためにも、一度クールダウンしたいなあ。

というか、少し休む必要がある気がする。

3キロくらい痩せてしまった。

心臓の鼓動の振動で、

身体がぐらぐらと揺れて、保てない時がある。

王子さまって、こんな時にあらわれるのかしら。

というか、自分が仕事でやっている台本の必要性がわかった気がした。

女の子は、みんな助けを待ってるんだ。たぶん。

助けて、助けて。

まあ一人で格闘するしかないんだけどねえ。

以下メモ。

昨夜、あまりよく知らない人から、印象的なメッセージをもらった。

たぶん素敵な人だ。

たぶん、というのは、いろんな意味で、私と無縁な感じがするからである。

お互い、近付こうとしないだろうな、という感じ。

でも何度かメールの文面は反芻した。

反芻するくらい、いいんじゃないだろうか。

もちろん、返信はしていない。

したらしたで、相手も困るような気がした。

しかし、何故こんなものが届いたのだろう。

|

« おちついて ちゃくちゃく | トップページ | いちにち いっしょ »