« いちにち いっしょ | トップページ | ごうじょう »

子を産む経験をたとえ持たなかったとしても、

私はやはり、子どもを育てていたように思う。

愛が自己拡張でないことが

こんなにはっきり確かめられる機会は、他にない。

一日に何度も、好きだよ、と叫びたくなるなんて。

絶対に報われないのに。

確かに先方も私のことを熱烈に好きなようだが、

それはおそらく成長とともに、変化してゆく。

少なくとも熱烈でなくなることは確かだ。

でもおそらく私のほうは、死ぬまで気持が変わらない。

そういう意味ではまったく釣り合っていないし、

報われもしない。

というか、報われてはいけない。

私の思いが重荷になって、

小さな同居人の足を引っ張ることになったら、と考えると、

今からヒヤヒヤする。

|

« いちにち いっしょ | トップページ | ごうじょう »