« これは ぬれてない? | トップページ | おとゅな »

ひろう が はげしいと

時々、すごく馬鹿みたいなんだけど、

それを承知で言うと、

かわいい、という目で見られているような気がすることがある。

あんたいくつなんだよ。

たいてい疲労が激しい時だ。

今日は疲れて過ぎているせいで、とうとう頭がおかしくなったのだと思い、

つい、そういう目をしてきた本人に確かめてしまった。

礼を失わない人だから、そうだよ、と認めてくれた。

礼?あるいは優しさか。

あ、ありがとう。

どちらにしろ、そんなことを人に訊くなんて、ちょっと狂ってきたんだと思う。

この前、現場でもそういう目で見られてるような気のする時があったが、

相手が怖い感じの人だったので、問いただしたりしなかった。

ふう、助かったぜ。

あたしはなにやってんだ。

そういう目に遭遇すると、

なんとなく好きになってしまいそうな気がする。

疲れている時は

あまり人の顔を見ないほうがいいね。

未来を描くことができた途端、感情が動く。

未来がないな、と思った途端、気持が冷えてゆく。

未来と感情がつながるって、打算的なのだろうか。

でも、そういう感覚を持っている時の私は、

比較的、健全な状態だと思う。

先のことなんか知らない、と思っていた時代もあったが、

本当にダメダメな生活を送っていた。

二度とあの頃には戻りたくない。

加減乗除、取捨選択、カゲンジョウジョ、シュシャセンタク、

呪文のように唱えながら、仕事を続ける。

夢もなく、恐れもなく。

シュシャセンタク、シュシャセンタク……。

|

« これは ぬれてない? | トップページ | おとゅな »