« | トップページ | あたらしい じぶん »

複数の仕事を同時進行していたら

ついにいろんなことがキャパシティを超えてしまって、

記憶というものができなくなった。

さっきのことも思い出せない。

体力の限界。

稽古場からの移動の時、荷物を運ぶ助けを求めたら、相手が躊躇していたので、

「大丈夫です」と言って、そのまま担いで大通りへ。

タクシーに乗った。

本当は助けて欲しかった。

夜の稽古場では、私がトイレに入っているすきに、

役者さんが荷物を建物の外まで運んでくれた。

彼に助けてもらったのは初めてだったから驚いた。

帰る時に「気をつけてね」と心配そうに言われた。

きっと疲れた雰囲気出してたのかな。

申し訳ない。

でもありがたいなあ。本当に嬉しかった。

明日は子どものための演劇ワークショップ。

頑張ろう。

|

« | トップページ | あたらしい じぶん »