« | トップページ | ささやかな しあわせ »

ことば の はったつ

小さな同居人は、「きょうは さむいからね まま おぼうし かぶった?」などと言ってくる。

言うことだけ聞いていると、ほんとにもう、赤ちゃんじゃないんだね。

ご飯の時、ぬいぐるみの台詞をいちいち指定してくる。

「あ~ん、たべたいよう~って」とくまのぬいぐるみを指してプロンプを入れる。

私の役割はいつからか、ぬいぐるみを操って、小さな同居人の考えた台詞を言うことになってしまった。

「ほら、これ食べて」と小さな同居人はフォークでブロッコリーをくまに差し出して満足そう。そして「まだあるからね。ね、泣かないで」とくまをなぐさめたあと、また私にプロンプ。

「あ~ん。まま どこにいるの?」

「ああはい」と私。「(くまを操って)あああ~ん、まま どこにいるの?」

小さな同居人は、「ままは おやまに いるのよ すぐくるからね だいじょぶよ」とまた上から目線でくまをなぐさめる。

という感じ。

私はご飯を食べているのか、人形操演をやっているのか、さっぱり分からない。

ほんとにすごく大変だ。

しかし今は小さな同居人をきちんと食事させるための方法がない……。

ここ二ヶ月くらいで、絵本がものすごく好きになった。

立原えりかの「青い鳥」が好きなようだ。

おばあさんが訪ねてくるところの台詞「こんばんは、ごめんください」と

思い出の国を出たとたん「あおいとりはまっくろになってしまいました」という箇所を

繰り返し言っていっている。

何故?

一人掛けのソファに二人でぎゅうぎゅうになって座って、

みかんを食べながら青い鳥を読むのが毎日の日課だ。

そういえば、このまえの夜、煮物をワニのぬいぐるみに差し出しながら「あじがしみてるでしょ?ね?」と言っていた。

保育園でも先生に「ブリ大根美味しい?」と訊かれて「あじがしみてるね」と答え、爆笑のうずになったらしい。

どこで覚えたんだ?そんな言葉。

|

« | トップページ | ささやかな しあわせ »