« すーぱー で かいもの を する おつきさま | トップページ | てすと »

ねむた すぎる 

毎日ねむたすぎる。

ねむた すぎる ってなんか名前みたいだな。

ペンネーム必要なとき、これどうだろう……ダサい……。ダサすぎ。

締め切り、いつ終わるんだろうな。

と思ってたら絶え間なく新規の仕事の話がきて、

どうしたらいいのか分からない。

まあなんとかなるだろう。

いつかはラクになるかな。

適当に手を抜いて、息抜きしながら、続けていかないと。

小さな同居人は最近ウソをたくさんつくようになった。

ウソをついている自覚がある時とない時があるようだ。

不思議なウソをつくことがある。

「おばけが いるよ」とか「おおかみは おやまに かえったよ」とか「おに は たいじした」とか。

空想と現実の境目があいまいな時代は、まだまだ続く。

私は小学校4年生くらいまで続いたが、この人はどうだろう?

数の観念が出てきたようで、時々20くらいまで数えている。

同じものを重複して数えたりしているので、正確ではないが、とにかく数えている。

見ているとつくづく歌が好きなんだなあと思う。

音程も正確だ。

私は歌がもともと得意でないが、小さな同居人を見ていると、頑張らなければという気持ちになる。

おかげで学校の音楽の成績はまずまずだ。

歌というのは短いお芝居なのだ。

気持ちを前に出して、思い切って表現すればいい。

伝わる、と信じて、歌うこと。

小さな同居人から、学んだ。

この前、弾き歌いの先生から「あなたの歌は独特。でもお金を取って聞かせてもいいと思う」と言われた。

ほとんど励ましの意味と思うが、嬉しかった。

歌声も美しくなく、素質ゼロの私でも、音楽を通して何か表現できる。

それが嬉しいし、幸せ。

|

« すーぱー で かいもの を する おつきさま | トップページ | てすと »