« かくしつ と しきんきょり | トップページ | ねぶそく »

くるしむ ちから

以下メモ。

私は嘘くさいの嫌い。

ビジョンがなく、上っ面を滑るようにして生きる人間を嫌悪する。

そういう人間ほど、他人に上っ面学問を偉そうにレクチャーするのが大好き。

そのくせ、責任負わないし、自分がミスしても申し訳ありませんの一言もない。

泥んこになって責任を背負いながら生きるのが人生なのに。

爽やかで仕事できるぞ、みたいなネット人格が痛々しい。

生身で対すれば、事実は違うということをみんな見抜いてしまうのに。

下心とかカネが欲しいとか、生きるための普通の欲望を、そのままあっけらかんと出している人のほうが余程マシだ。

でも、そういう人間に対する反発も、仕事や表現の原動力の一つになっている。

反発心って一番、エネルギーを生んでくれるんだよね。

そういう意味では、ありがたい存在なのかも。

中学生の時読んだ、三島由紀夫の文章読本のことを思い出した。

鬱屈がなきゃダメだって書いてあった気がする。

私の場合は鬱屈より、反発だな。それに嫌悪。

何故かそういうものがあればあるほど、美しいもの、力強いものを生み出したくなるよ。

うわべの楽しみだけで生きる人生は醜い。

きちんと苦しむべき時に、苦しむ力を備えた人間でありたい、と思っている。

|

« かくしつ と しきんきょり | トップページ | ねぶそく »