« ささやかな しあわせ | トップページ | あきらめない こころ »

新年

あけましておめでとう。

とあまり爽やかな気持で言えなかった。

昨日は嫌なことがあり過ぎた。

私はやっぱりこの家で余所者なのだと感じる。

小さな同居人のための棚一つ買って置くにも、

ここに住んでいない家人たちの了解が必要なのだ。

一人から了解を得ても、他の家人の意見ですべて覆される。

ここでは普通の会話が成り立たない。

早くここを出ていきたい。

私が尊重されない場所は、小さな同居人にとってもよくない。

子どもは、母が馬鹿にされるのを絶対に見てはいけない。

私のようになってしまう。

小さな同居人との暮らしと、仕事と、どのように維持していけばいいのか、

それが課題だ。

とにかく仕事をしなければならない。

|

« ささやかな しあわせ | トップページ | あきらめない こころ »