« ひろいずむ と ですらーそうとう | トップページ | さめた してん »

よきひ

今日はいい日だった。

午前中はピアノのレッスン。

やっつけ的に仕上げていった美女と野獣はOKもらえなかったけれど、

弾き歌いのほうは一つ、OK。

その後、来週から実習に行く施設まで、自転車で行ってみた。

そんなに遠くはなかったけれど、毎日だとどうだろう。

体力が持つだろうか。

それが終わって学校でひと休み。

ピアノの練習を一通りしてから園に迎えに行く。

「むかし、なきむ~しかみさまが~」とドロップスの歌を口ずさむと、

小さな同居人が、不思議なことを言う。

「かみさまは ままがいないの?」

なるほど、ママがいないから泣いていると思ったのか。

「神様は、夕焼けとかきれいなものを見て、感動して泣いてるんだと思うよ。

ママがいない時も泣きたくなるけど、

きれいなものを見た時も、涙出てくる時あるんだよ」

と話すと、「〇〇(自分の名)もそういうことあるよ」と生意気な顔をした。

夕暮れ時、「暗くなると猫によく会うね」と話し掛けたら

小さな同居人いわく「ねこちゃんは よるの ようせいだからね」とのこと。

詩だなあ。

幼い頃って、詩の世界に生きてるんだな。

今日、一番嬉しかったのは、

ハッピバースデーを、小さな同居人が私のために歌ってくれたこと。

いや、ただ口ずさんでただけかもしれないが、それはそれでいい。

とにかく、ありがとう。

|

« ひろいずむ と ですらーそうとう | トップページ | さめた してん »