« さめた してん | トップページ | ねると おやすみ »

えいえん に かがやく にじ

知的障がい者の幼児が通う施設での実習に入った。

キラキラした、ガラス細工のような子どもたちと遊んでいると、

胸がいっぱいになって涙が出そうになる瞬間が、たくさんある。

みんな、ものすごく儚い。

儚いということは、決定的に美しいのだ。

虹みたいに。すっと透き通って消えてしまいそうで、怖くなる。

彼らはそれぞれが違う、不思議な言葉を持っている。

私も分かるようになりたい。

こんな短期間では無理かもしれないけれど。

知的障がいだけではなく、身体の弱い子、心臓の弱い子もたくさんいる。

どうか、彼らがずっと幸せでいられますように。

すっと消えてなくなる儚さではなくて、

ずっと永遠に続く儚さでありますように。

昨夜夢を見た。

というか、夢うつつの中で、物語ができてしまった。

来年の新作として、そのまま書くことにした。

考えてひねり出したものではない。

ものすごく歪んだ世界。

だけど私が生きている現実と、そう違わない。

|

« さめた してん | トップページ | ねると おやすみ »