« こあくま | トップページ | たいせつ に する »

にんしん ごっこ

夜。

突然、小さな同居人が「あかちゃん が いるの」と大人びた微笑を浮かべながらふくらんだお腹をさする。

えええ!?どーゆーこっちゃ!

よく見ると、Tシャツがふくらんでいて、すそから猫のぬいぐるみの足の先がのぞいている。

そーゆーことか。はあ、びっくりした。

「ねこ の あかちゃん が いるのよ。このなかに」

と大切そうにお腹を撫でている仕草が、妙にリアルだ。

保育園で臨月を迎えているママを見かけるので、刺激を受けたのか……。

「そう。赤ちゃんがいるのね。素敵だね」と私が答えると

「あかちゃん は まあるくなってるのよ」と、得意げに教えてくれた。

何故あなたは知っているのだろう?不思議。

確かに赤ちゃんは丸くなって入っているのですよ。

「ままも わんわん の あかちゃん、 おなかに いれて」と要求してきたので、

仕方なく私も犬のぬいぐるみを妊娠した。

しばらくして小さな同居人は、妊娠に飽きたのか、「じゃあ うまれるよ」と産み落としていた。

ずいぶん早いですな。しかもめちゃくちゃ安産だし。

産まれた猫のぬいぐるみを、抱っこして「よしよし」などと言ってあやしている。

その後、自分が赤ちゃんの頃使っていたおくるみに、私の産んだ?犬のぬいぐるみと並べて寝かしつけていた。

すごいなあ。

もうママになれるじゃん。

と思っていたら、眠る時はやっぱりおっぱいを飲みたがった。

ときどき大人びた表情を浮かべたりもするが、まだまだ赤ちゃんなのだなあ。

|

« こあくま | トップページ | たいせつ に する »