« できたよ! | トップページ | べんきょう »

すきだよ の びんづめ

メモ。

さっき、ネット上をふらふら彷徨い歩いているうちに、

とんでもないページを見つけた。

すごく好きな人のブログのようなもの。

読まないほうがいいと思ったけれど、やっぱり読んでしまった。

ほんとに可愛い人だなと、またまた好きになってしまった。

まあ、その発見とは関係なく、おとといくらいから、あの曲の譜読みを始めた。

題名は書けない。

私の中で一番こっぱずかしいジャンルに属する曲なのだけれど、

今のこの気持ちを表現するには、もうこれしかない!のだから仕方ない。

卒業までに絶対弾けるようにするのだ。

それにしてもアホだなあ。

こんな曲弾くなんて、私の頭、どうかしちまったんだろうか。

とにかく精進あるのみ。

妄想にふける時間があったら、次の実習用の指導案を作っておけ。

ピアノの練習をするのだ。

来年の公演、朗読劇にするか、芝居にするか迷っている。

忘年会がてらメンバーと話し合うつもりだ。

夕方、自転車に乗っている時

「おほしさま も うごいてるよ」と小さな同居人が言った。

「うーん」と返答に困ると「おほしさま は おさんぽ に いくんだね」と言う。

続けて、「おほしさま は いつ ねむるの?」と訊ねてきた。

「ええっと、ひ、昼間じゃない?きっと」としどろもどろに答えると、

私の言葉は耳に入らないのか、「ねむたくないの?」と空に向かって訊ねていた。

子どもはみんな優れた詩人だ。

小さな同居人の言葉からはいつもバニラの甘い匂いがする。

「まま すきだよ」という言葉を、いつか死ぬ瞬間に思い出せたら、どんなに幸せだろう。

ビンに入れて、胸にぶらさげておけたらいいのに。

|

« できたよ! | トップページ | べんきょう »